Tiktok(ティックトック)の動画をiPhone内に保存する方法を解説!動画の保存は違法?合法?




Tiktokは言わずと知れた15秒動画アプリで、
中高生を含め、様々な芸能人やYoutuberも利用している、2018年でもっとも流行ったアプリであると言われています。

しかし、最近アプリのアップデートが行われ、これまで出来ていた動画ダウンロードができなくなってしまいました。

本記事では、iPhone版Tiktokの動画ダウンロード、動画の保存方法や、そもそも動画がダウンロードできなくなった理由についての考察、
動画ダウンロードの違法性についても記載していきます。




Tiktokで動画ダウンロードができなくなった!?

Tiktokでは、これまで動画再生中のメニューから動画ダウンロードが可能でした。

具体的には、

「シェア」→「動画を保存」

という簡単2ステップで動画が保存できていました。

そのため、気に入った動画についてはローカルに保存して、通信量の節約に努めていた方もいたかもしれません。

ですが、2018年9月現在では、その「動画を保存」ボタンがグレーアウトされてしまっていて、タップできなくなっています。

タップしたとしても、

こんな表示が出てきてしまいます。

このように、通常の方法では動画ダウンロードができない仕様のようです。

一説には、著作権の問題によるアップデートでは、とささやかれています。
この点については後述していきます。




Tiktokでの動画の保存方法

動画の保存方法はいたってシンプル。

「シェア」
→「メール」をタップ。

画像では、シェアした後に出てくる、左上にあるボタンですね。

iPhoneでは、なんとこれだけで動画が保存できてしまいます。
(android版で違っていたらすみません)

本来は他の人向けにシェアをするためのものですが、
iPhoneの仕様かアプリの仕様か、メールを送信することなくローカルに保存されています。

iPhoneであれば、「写真」アプリで確認できると思います。

他にも他のSNSにシェアする方法を使って保存することは可能ですが、
もっともシンプルに、もっとも時間のかからない方法についてご紹介させていただきました。

以上、動画の保存方法でした。

ただ、本当に保存していいの?という問題はやはりみなさん気になるところかと思います。

そもそも、著作権的にダウンロードは違法なのでは?

公式アプリからダウンロードの項目が明確に消えているということは、
違法の可能性があると公式が認めてるんじゃないの?と思ってしまうかもしれませんが、
ここは結構難しい問題かなと思っています。

そもそも、ダウンロードが違法となったり、刑罰の対象になる法律は、
それぞれ2010年に施行された「ダウンロード違法化」と2012年に施行された「ダウンロード刑罰化」の法律によるものですが、
これにはある条件があり、

「違法にアップロードされたものを、違法と知りながらダウンロードした場合」

に、法に触れる可能性があるということです。

つまり、簡単にいうと、
「Tiktokが用意したBGMで作られた動画」はダウンロードは合法、
「違法アップロード者が著作権を違反して利用したBGMで作られた動画」のダウンロードは違法、ということになると思われます。

TiktokはJASRACと包括契約を結んでいます。
つまり、Tiktokが公式で用意している楽曲を用いて作られた動画については、Tiktok内でのアップロードについては違法ではなく、
先述の「違法にアップロードされたもの」という条件には当てはまりません。

ただし!

気になっているのは、動画によっては先ほどの画像でも載せた「著作権の制限によりこの動画をダウンロードできません」と表示される点。

この制限が引っかかっていて、

もしかしたら、Tiktok内でコンテンツを作成し、アップロードするところまでは良いが、ダウンロードについては預かり知るところではないよー、と言っている・・・?

とも深読みしていますが、今のところは不明。

個人的な希望的観測ですが、もともと中国で作られたアプリでグローバル展開されていることを考えると、
国によっては、そもそもこういうコンテンツのダウンロード自体が違法とされている国があって、そこに合わせてアプリのインタフェースを変えたのでは?
とも考えられます。

まだ、他国の著作権的な部分までは調べきれていませんが‥。

他のアプリ「youtube」でのダウンロードの違法性を考えてみる。

例えばyoutubeなんかでも、公式にアップロードされた動画であればダウンロードして私的に利用する分には合法。

ただ、一般の人がCDやらなんやらを使って動画にして違法にアップロードしている場合もありますよね。

そんな動画をダウンロードしてパソコンやスマホに保存する行為は違法というわけです。

今の所「ストリーミングで見る」という行為は違法とはされていませんが、
今後視聴すら違法とされて検挙されてしまう可能性もありますので、
怪しいな、と思ったら見ないに越したことはありませんね。

こうした違法ダウンロードによる逮捕者は実際に出ていますので、
怪しい動画はダウンロードしないことです。

ちなみに、以前はwinnyなど、ファイル共有ソフトが大流行していて社会問題になっていたところもあり、
上記の法律が制定されました。

近年ではあまり逮捕者は聞かなくなりましたが、
こういうのは急にまとめて検挙されるので、注意することに越したことはないですね。

まとめ

以上、Tiktokで動画をiPhone内に保存する一番簡単な方法についてご紹介しました。

君子危うきに近寄らず、の精神で、
違法ダウンロードには気をつけつつも、
みなさんも楽しいTiktokライフを送りましょう。